Googleアナリティクス入門② アクセス解析で欠かせない基本用語!

アクセス解析の用語

Googleアナリティクスに聞きなれない専門用語がたさくさんあります。

その中でも特によく使う用語をまとめましたー。

 

 

セッション

ユーザーがサイトを閲覧し、回遊し、離脱するまでの行動(操作)。

 

Aさんが、朝ホームページを閲覧し、

昼もう一度閲覧すると、セッションは「2」になります。

 

Aさん(ひとりのユーザー)が、

1日で、のべ何回閲覧したかのかを表す数字ということですね。

 

 

でも、

Aさんが

1ページ目(トップページ)を見て、

2ページ目(会社概要)を見て、

3ページ目(メールフォーム)に行った場合は、

 

3ページ閲覧しているけど、

セッションは、「1」。

 

Aさん(ひとりのユーザー)が、

1回のアクセスで、何ページ閲覧しても、

セッションは、「1」です。

 

 

ユーザー

ユーザーとは、特定期間でサイトに訪問した人(ブラウザ)。

 

同じ人(ブラウザ)が、

1日に何度ホームページを閲覧しても、

ユーザー数は「1」。

 

また同じ人(ブラウザ)が、

1ページ目(トップページ)、2ページ目(会社概要)、3ページ目(メールフォーム)の3ページを見た場合も、

ユーザー数は「1」。

 

 

注事項として、

ユーザーは、使用しているブラウザで判定されるため、

同じ人物であっても、Internet ExplorerとChromeで閲覧すれば、

ユーザー数は2。

 

PCとスマートフォンで閲覧した場合も、

ユーザー数は「2」とカウントされます。

 

 

ページビュー数

ホームページが表示(閲覧)された回数になります。

 

1ページ目(トップページ)、2ページ目(会社概要)、3ページ目(メールフォーム)の3ページを見たら、

ページビューは、「3」になります。

 

 

ページ/セッション

1回のセッションで、閲覧した平均ページ数。

 

ページ/セッション「3」なら、

3ページは閲覧したことになります。

 

数字が高い方が、

よく閲覧されているサイト、

移動しやすいサイトということになります。

 

 

平均セッション時間

1回のセッションで、

閲覧時間の平均になります。

 

こちらも数字が高い方が、

ユーザーがよく閲覧しているサイトということになります。

 

 

直帰率

1ページだけ見て離脱したセッションの割合です。

 

直帰率が50%なら、

2人に1人は、

1ページ見ただけで、離脱したとこになります。

 

直帰率は、

1ページしか見られなかった割合ですが、

1ページをじっくり読んで満足して、

離脱をする場合もあります。

 

なので、

平均セッション時間をセットで考えた方が

よりサイトの現状を把握できます。

 

 

 

離脱率

直帰率と離脱率は、似ているようですが、意味は異なります。

 

離脱率とは、

ユーザーが閲覧したすべてのページの中で、

最後のページになった割合です。

 

離脱されたページは、

「もういいや」と思われたページでもあるので、

改善が必要なページ。

 

 

ご紹介した以外にも基本用語はたくさんあります。

アクセスを分析をしながら、

わからない言葉が出てきたら、

その都度調べる習慣をつけてくださいね。

The following two tabs change content below.

クロコのペリ

株式会社クロコロールで主に商品登録をやっています。 人が面倒と思う作業を延々とやってます。
内容がよかったら、シェアをお願いします!
一覧へ戻る

ホームページやネットショップのリニューアルによる販路拡大をお考えの事業者様へ 小規模事業者持続化補助金を利用してみませんか? 「補助金申請・相談とサポート」実施中!

OFFICIAL LINE ACCOUNT

FACEBOOK